Publishing

書籍出版

第3回日本ど真ん中書店大賞 ご当地部門【岐阜】大賞受賞!!

『奇跡は段ボールの中に』 かのう ゆき 著
 2008年、人が離れつつある柳ケ瀬商店街で、再興のため生まれた“やなな"。始めはゆるキャラの中でも奇抜で商店街の人たちにも受け入れてもらえなかった。
 しかし、彼女の持ち味である、ファンサービスに力を入れていたところがファンに受ける。ついに柳ケ瀬の“看板"にまでなったある日電撃引退宣言。
 2013年3月31日、柳ケ瀬を埋め尽くすほどのファンに見守られ、活動に幕を下ろした。
 本書は引退したその後から2018年までの五年間にも初めて触れています。

『奇跡は段ボールの中に』特設サイト
 Amazon 楽天

電子出版

『歯医者から嫌われる歯科技工士のホンネ
-世界で12人に選ばれた男が放つ 歯科医療現場からの警告-』

歯科技工士 貝沼公仁 著(GERBER DENTURE SERVICE KAINUMA代表)

第1章/噛めない入れ歯が身を滅ぼす
第2章/保険適用外の入れ歯は本当に高いのか?
第3章/インプラントは必ず勧められる
第4章/名医がいない日本!?
第5章/海外最新レポート -日本では誰も知らない!? アタッチメントとは?-
(発売日)2017年11月5日 (カテゴリー)実用/Amazon kindle版
Amazon・Kindleでベストセラーになりました! Amazon


問題解決を生きる Why!? 何が問題? それが問題!

藤田邦高

 企業人は人事異動がつきもの。不慣れな部署で戸惑い、器用に仕事をこなせるまでには一定の時間が必要になります。もしそれが、技術職から営業部へ異動というまったく異なる分野だったら―――
 著者の藤田邦高氏は、愛知県にある大手窯業メーカー出身。理系の大学を卒業し、技術職として採用されました。その後、教育部門や労務・人事、広報を担当。福利厚生の一環として、「新健康メニュー」を提案・開発し、“食マネジメント”の見地から社員の健康増進に寄与。この活動が各方面から注目され、多くのメディアに取り上げられました。
「仕事や経営は変化への対応、つまり“問題”をつかまえ“解決”することです。…(中略)…どう問題を見つけ、どう解決するのか? どう頭を使うのか?? ここに仕事の進め方と共通のプロセスを見ます」
 問題解決の“頭の使い方”はどこの部署でも同じ。幾度となく立ちはだかった壁を突破した著者の問題解決力とは? 大手メーカーの入社から退職までを追体験!
 (発売日)2018年7月22日 (カテゴリー)実用/Amazon kinde版
 Amazon

ARIGATO

ARIGATO

”愛するパートナーに、世界に1つだけの本を贈りませんか?-”
恋人や夫婦は、「出会い」に始まり、初めてのデートや旅行などの楽しい日々や、時にはケンカをして口をきかなくなった苦い日々…様々な思い出があります。
その思い出を、いつまでも2人で共有するために、本という作品で形に残すことはとても大切な事だと考えます。
ケンカをしてしまったとき… 気持ちがすれ違っていると感じたとき…そんなときは、そっとこの本を開いてみてください。
出会って間もない頃にパートナーに抱いていた気持ちがそっと、蘇ってくるはずです。そして、パートナーとお互いの気持ちを確認するきっかけになるでしょう。
2人だけの思い出を、ストーリーとして小説で作品にするお手伝いをさせてくださいー
それが、『ARIGATO』ですー
詳しくみる ≫

私・史(わたくし)

watakushi

ー「あなた」の半生や想いを本で紡ぐー
子どもたちやお孫さんは、“あなた”のことをどれだけ知っていますか?
ご自身の半生や家族に対する想いは、なかなか口では伝え切れません。
幼少期のこと、学生時代の淡い初恋、夫・妻との出会い、出産…等々、様々なエピソードが誰にでもあります。
その「あなた」の半生を、子どもたちやお孫さんはどれだけ知っていますか?
あなたのエピソードをきっと知りたいはずです。
自分の先祖や祖父母のエピソードを知れば、敬う気持ちがきっと芽生えます。
「あなた」の半生を本にまとめるお手伝い。取材訪問付きで19.8万円~。
本のプロである元新聞社、大手出版社の編集者が担当させて頂きます!