Serialization

瞬間前進

第2回 時代の隙間

 社長に連れられ、カメラマンと共に取材の帰りに川原町を訪問。昔ながらの屋台のラーメン屋さんに出迎えられて通りの中に入って行くと、趣きのある景色が飛び込んできた。
 古くから続くお店が点在しているが、時代の隙間を埋めるかのように道が舗装され、夜になると黄色味のある和風な電灯でライトアップされている。
 地方の商店街は衰えてきていると聞くが、こちらには観光ビジネスとしての伸びしろを感じた。
 他県の話だが、三重県の伊勢市駅前は、開発が進むまでは面白味のない寂れた場所。今は綺麗に整備され、下車した参拝客を目で楽しませ、内宮への道のりを足早にさせている。

 川原町、実にもったいない。

 syunkanzenshin